リスク回避を行う|見直しのチャンス!インターネットの引越しの際に契約について見直す

見直しのチャンス!インターネットの引越しの際に契約について見直す

レディ

リスク回避を行う

ファイル

目視確認の徹底

メールでファイル送信を行う際には、十分に注意を払う必要があります。メールソフトでファイル送信を行う事は非常に簡単です。そのため気軽にファイル送信を行う事ができます。ビジネス上で使用している場合には、一日にたくさん送信している事も珍しくありません。しかしメールは簡単である反面、リスクも高くなっているのです。一つは誤送信です。宛先間違いや、添付ファイル間違いなどをおこしやすいのです。これを回避するには、メールを送信する都度、添付ファイルの中身を確認して送ることです。さらに、宛先の二度確認などを意図的に実施することです。メールソフトの中には、これを自動判別して行ってくれる機能もあります。ひと手間増えますが、誤送信の確率は格段に低くなります。

ファイルにパスワード

万が一ファイル送信で誤送信をした場合でもリスク回避する方法もあります。ファイるそのものにパスワード設定を施すことです。個人情報などが含まれている場合には、当然のことですが、それ以外のファイルであってもパスワードをかけておけば、万が一の時のリスク回避になります。パスワードを教えるのが面倒なのであれば、あらかじめ、通信する相手と取り決めておくことで面倒さを回避することができます。ZIPファイルなどを利用するとデフォルトでパスワード設定できないファイルにもパスワードをかけることができるようになります。できる限り本文に内容を記載せずにパスワード設定をかけたファイルを添付することで第三者による傍受を防止できます。