データ管理の主流|見直しのチャンス!インターネットの引越しの際に契約について見直す

見直しのチャンス!インターネットの引越しの際に契約について見直す

レディ

データ管理の主流

IT

コスト面で有利

サーバーを自社に設置することが一般的でしたが、サーバーの管理には、多額のコストがかかります。サーバーは、温度管理や湿度管理が必要であるため、専用の設備が必要になります。また企業のデータの中枢であることからセキュリティの管理は非常に重要になるのです。そのため設置するだけでも多額なコストがかかるのです。さらにメンテナンスや保守などを定期的に行う必要があります。テナントなどに入っている場合、定期的な計画停電などに応じるため、自社発電システムなどの準備なども必要になります。コスト削減が必要になっている現代においては、これをデータセンターに移行することが多くなっています。データセンターは、社外のデータサーバーを利用する仕組みです。

利便性も同時に向上

必要な容量のみ契約することができる面においてメリットは多くなっています。保守やメンテナンスはデータセンター側で実施するため、コストは契約料のみで済むのです。安全性も高くなっています。専用のセキュリティシステムを取り入れている事や、電源のバックアップなども完備済みなのです。そのため、安心して使用することができるのです。主にクラウドシステムとして企業側では使用することになります。インターネット環境があれば使用することができるなど利便性の向上も同時に行う事ができます。ログインなどの管理は情報漏洩の観点で重要になりますが、現在のデータ管理の主流になっています。データセンターそれぞれの特徴がありますので、契約時には比較検討する事が大事です。